コーチの役割とはあなたの会社には税理士や弁護士がいることでしょう。

こうした人は高い教育を受け、自分の専門分野以外に企業の経営コンサルタントとしての立場を持っている人もいます。もちろん経営専門のコンサルタントもいます。こうした人が会社に提案してくるプランは会社の有益性を考えたプランです。

しかしこれは、バリアのないプランであり、とてもそのままでは採用することができません。社員を会社の奴隷にする可能性があります。こうしたコンサルタントは、経営者と対立してまでバリアのあるプランを提案しなくなっているのです。バリアがあるプランは企業の経営者たちにはあまり好意的に受け入れられません。

しかし、バリアを導入しない限り、現状に縛られて本当に企業のスコトーマをはずすことにはなりません。

しかもバリアのあるプランはスコトーマに隠れて見えづらいのです。そこでコーチの出番です。コーチの役割とはまず、あなたのコンフォートゾーンを上げてスコトーマをはずし、エフィカシーを上げることことです。

また、自らがその人のドリームキラーにならないような訓練と、抽象度の高い視点から見る訓練を受けた人でなければなりません。そしてその手法をコーチングといいます。企業にとって、いちばん早いストコーマをはずす方法は、新入社員や転職してきた人を活用することです。その人たちは、その会社の何がスコトーマになっているかわかります。でも、長年その会社で働いている人には、問題が見えなくなっているのです。

だから、あなたが管理職なら外から来た新入社員や転職組に、何がおかしいか指摘してもらうのがいいと思います。その人たちの言っていることが正しいかどうかでなく、スコトーマをはずすことが目的です。あなた自身では、何がスコトーマになっているかなかなか気づきません。それを気づかせてくれるのがコーチです。コーチがコンフォートゾーンをずらして、スコトーマに気づかせてくれるのです。

コーチとは、もともと馬車で送り届ける人のことです。馬車の乗り方を教える人ではないのです。乗り方を教える人はインストラクターです。日本ではコーチとインストラクターが混同されているのです。両者の差異は次頁で解説します。今後は日本でもコーチという職業が、経営コンサルタントのように定着する可能性があります。アメリカでは電話で企業人のコーチングをしている人もいるのです。

     

ドラFXがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事