区分所有は経験を積む絶好の機会

ワンルームの区分所有といっても、立派な不動産です。価格や規模が小さいだけで、1棟もののアパートやマンションを購入し管理するときと、基本的な原則は同じです。帳簿を見て収支の計算をし、確定申告をする。お客様が住みたいと思うような部屋にする。入居者からの問い合わせやトラブルに対応する。やるべきことはそれほど変わりません。

ですから、区分所有の物件をもつことは、これから不動産投資を続けていくにあたって、貴重な経験を積む機会となるのです。区分所有の物件を通じて、不動産投資の経験を積むことができれば、次に物件を買うときに、銀行から融資を引き出しやすくなります。実績があれば、銀行の担当者も安心して融資をすることができるからです。

私は「どのような不動産投資家に融資をすればいいか教えてほしい」と金融機関から講演を頼まれることがあります。そのとき、私がお伝えしているのは、「アパートやマンションを経営する感覚をもっている人を見極めてください」ということです。「不動産を買えば儲かる」という気楽な動機で不動産投資に飛び込んでくる人ではなく、「いかに入居者に満足してもらい、収益を出すか」と、不動産投資をひとつの事業としてとらえ、経営感覚をもっている人は、しっかり返済してくれる、と。

不動産投資は、経営と同じです。不動産に投資することは、アパートやマンションを「経営」することと何ら変わりはないのです。最初は小さな不動産を購入してから、段々とステップアップしていく。そのような投資家に成功する人が多いのは、リスクを抑えて学習しながら、経営者感覚を身につけてから大きな勝負に打って出るからなのです。

やはり、お金を働かせるためには、個人が経営者視点でさまざまな物事や事象を捉える必要があるということです。

おすすめの記事