ふるさと納税のウソとほんと

年末になると大変盛り上がるのがこの話題。「ふるさと納税」自治体に寄付をすることによって、その分税金が安くなるといった制度です。

ニュースなどでもよく取り上げられるため、されたことがある方も多いのではないでしょうか。本来の制度の趣旨としては、地域による働き手の違いによる税の格差を埋めようというもの。上京などをして東京などの大都市に働く人が集中すると、その都道府県に多くの税金が納税されることになります。

一方、生まれ育った都道府県の方では働く人がどんどんと都心部の方へ流れてしまうため、なかなか税金を集めることが出来ません。そこで「生まれ育ったふるさとに貢献できる制度」としてふるさと納税が創設されました。

私も毎年、地元の対馬へふるさと納税を行っています。寄付をする際にはその使用目的も選べたりもできるので、私は子どもたちの教育のために使ってほしいということで寄付をしています。さらにこの制度。自分が生まれ育ったふるさとだけでなく応援したい自治体のどこへでも寄付することが出来ます。

旅行へ行って良いなと思った地域や災害関係で困っている地域にも寄付ができます。地元だけでなく、気に入っている地域へ。少し還元してみてはいかがでしょうか。

また、この制度が大人気になったのは理由があります。それは自治体によって違いはありますが、寄付の金額に応じて返礼品がもらえるといったことです。基本的にはその地域の名産品をということでお肉が美味しい地域はお肉を、魚が美味しい地域は魚をもらえます。モノだけではなくホテルなどの旅行券やお土産品など、自治体によって多種多様な返礼品があり、選ぶだけでも十分に楽しめます。

ふるさと納税には税金が軽くなる限度額があり、それはその個人の収入額によって変わります。多く稼げば稼ぐほど、ふるさと納税できる金額が上がります。手軽にできる社会貢献。しかも自分も幸せになれるもの。

今はインターネットで簡単に出来るようになりました。生まれ育ったふるさとへ、大人になったからこそできる恩返し。まだされたことが無い方はぜひ今年から、ふるさと納税を活用してみてくださいね。

最後に念のための注意点があります。

ここまで読んで頂いて勘の良い読者の方であれば、なんとなく気付いているかもしれませんが・・・。

このもらった返礼品。これには税金はかかるのでしょうか?残念ながらかかってしまいます。50万円までは非課税といった規定もありますし、モノを時価査定するのはなかなか難しいのは確かですが、100万円単位でふるさと納税をされる方に関しては返礼品に関して税金がかかってしまう可能性があります。

ただし、年収1000万円クラスの方であってもふるさと納税の返礼品で税金がかかってしまう可能性は低いですので、あまり気にするところではないかなと思います。まずは5000円からでもチャレンジされてみることをおすすめします。

おすすめの記事